なかなか収束の気配をみせないコロナウイルス。変異株は感染力が強いこともあり、いつ自分が感染してしまうのかもわからない状況ですね。

PCR検査を受ける事で、抗体検査よりも正確に自分がコロナウイルスに感染しているかどうかがわかります。でも病院に行くのは面倒だし、敷居が高い。長時間病院に滞在する事になれば感染リスクも懸念されます。

そんな時に便利なPCR検査の検査スポットがあります。

今回は大阪で簡単にPCR検査を受ける事のできる、大阪PCR検査センターについて書いていきます。実際どれくらい混雑しているのでしょうか。
また、どのようにして検査を行うのでしょうか。

大阪PCR検査センターとは?

唾液採取のPCR検査によって、短時間で検査を行う事ができます。

特徴的なのは、予約が不要と言う事です。自分が検査を受けたいときに当日検査が受けられるので、その点はとてもメリットがあると思います。

また、値段も2980円(通常料金)と手頃なのも魅力的です。

普通に病院行ってPCR検査を受け、診断書込みで2万円掛かったという人もいますので、コスト的にも手軽なのは嬉しいですね。

大阪PCR検査センターは大阪に3拠点あります。

 

  • 大阪PCR検査センター梅田
  • 大阪PCR検査センター新大阪 西中島
  • 大阪PCR検査センター難波

 

土日祝も営業しており、10:00~17:00まで検査が受けられます。
梅田の検査センターは平日のみ8:00~17:00まで検査が受けられます。

大阪PCR検査センターの混雑状況は?

変異ウイルスの感染拡大により、感染者の増加、そしてPCR検定を受ける人は増えてきています。

私もそんな一人で、先日大阪難波にある検査場で検査をうけてきましたので、その時の状況をお話します。

平日の午前中10時過ぎ、ほぼ開店時刻に行きましたが、既に行列ができていました。
列はコーンで折り返して約20人くらいいたと思います。
これはセンター内の外に並んでいる人です。

平日の開店時刻にいってこれなので、混雑していると感じました。
難波の検査センターでこれなので、梅田はもっと混んでいるかもしれませんね。

列が進んでいくとセンターの中に入れますが、ここまで30分くらい待ったのでは無いでしょうか。

私が行った日は曇りだったので良かったですが、雨や炎天下などでも外で待っている必要があります。

外で待つための対策をした方がよさそうですね。

大阪PCR検査センター、入場から検査まで

建屋内に入場してから検査までの流れはどのようになるのでしょうか。

大まかにいうと1から5の流れで検査を行います。

1,建屋内に誘導される
2,券売機でチケットを購入
3,検査キットの説明を受ける
4,検査する
5,検体をスタッフに渡す

1,建屋内に誘導される

外での列の先頭に行くと、白衣を着たスタッフに中に入る要誘導されます。
スタッフは白衣を来ているので一瞬医療従事者の人かと思いますが、よく見るとバイトの人のような気もします。
その日は全体的なスタッフの年齢は低かったと思います。

2,券売機でチケットを購入

続いて券売機の列に並ぶよう指示を受けます。

そこで、PCR検査を受けるためのチケットを購入します。

チケットの種類

翌日23時まで結果がわかるチケット     2980円

当日23時まで結果がわかる追加料金チケット 3000円

証明書発行                5000円

ホームページで大々的にうたっている2980円は翌日結果がわかるチケットです。
当日結果を知りたい人は追加で3000円支払い、5980円になります。
証明書を発行してもらおうとすると、更に5000円必要です。

注意したいのは、現金のみでクレジットカードやキャッシュレス決済は使え無いことです。
現金を持っていきましょう。

ちなみに領収書は出ますので安心を。

3,検査キットの説明を受ける

チケットを購入すると、検査キットの説明を受けます。
忙しいのか、かなり早口で説明をうけました。

ここで、必要事項を記載する書類を受け取り、終わった人から検査の列に並びます。

 

4,検査する

仕切られたスペース(選挙の投票所で投票用紙を記載する程度のパーテーション)で唾液の採取を行います。
検査キット(試験管のようなもの)にストローで唾液を垂らします。約2㎝分唾液を入れます。

この時併せて、自分の住所や電話番号、検査IDと行った必要事項をさきほど貰った書類に記載します。

検査IDは検査キットに記載された番号で、この番号で後日インターネットで結果を確認します。
IDを忘れずに記載しましょう。

ケースにフタをして終了です。

5,検体をスタッフに渡す

終わったら書類と検査キットを渡して終了です。

 

感じたのは中のスタッフがバタバタしていた事です。
恐らく、連日かなりの人数が検査に訪れるのだと思います。テキパキ対応しないと沢山の人が検査できないので当然かもしれませんね

終わった後時計を見たところ、並びだしてから約1時間でした。

30分は並んでいたので、実際の検査は約20分かからないで終わったと思います。

これは早いですね。

 

大阪PCR検査センターはこんな人におすすめ

検査を受けて思ったのは、検査が凄く早いことです。
列に並ぶ時間を除けば約30分で終わります。

予約なしでパッと検査を受けたい方にはオススメです。

また料金も格安なので、その点も良いと思います。

逆に、PCR検査を受けることに特化しているため、詳しい説明などがほしい方。丁寧な対応を希望されている方は物足りなく思うかもしれませんね。

自分かコロナかどうか気になる人には、オススメしたい一つです。

大阪PCR検査センター所在地

・大阪PCR検査センター梅田
〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-47


 

・大阪PCR検査センター新大阪 西中島
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-3-4

 

・大阪PCR検査センター難波
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4-1-2