阪神タイガースのショートストップである中野拓夢選手。2020年のドラフト6位という下位指名での入団ながらここまでチームに貢献する活躍を見せています。社会人選手は即戦力と言うのがプロ野球界ではここまで期待以上の働きをしていますね。

この姿を予想した人は少ないのでは無いでしょうか。

ファンはこの活躍に目を丸くしている事でしょう。一方で専門家であるプロ野球OB達は中野拓夢選手にどのような評価をしているのでしょうか。井端弘和さんなど往年のショートストップがどのようなコメントをしていた気にはなりますね。

今回は中野拓夢選手の井端さんを始めとしたコメントを見ていきたいと思います。

 

中野拓夢を井端弘和はどのように評価していたか。

井端さんと言えば、落合政権下の常勝中日ドラゴンズで不動のレギュラーとして活躍しました。後年はセカンドを守ることもありましたが、学生時代からショートは慣れ親しんだポジションですし、コーチの経験もあります。

そんな井端さんはドラフト時から中野選手を評価していました。「アウトを確実に取れる野手」との評価です。

守備のフットワークの良さ、守備範囲の広さと小柄ながらパンチ力のある打撃を評価していたようです。

その他メディアに出演時も「他球団は中野選手にやられますよ」とコメントしており、高い評価をしていました。かなりの中野推しだったのです。
そして、この予言は現実になりましたね。

まとめると、井端さんは以下のように評価しています。

  • 守備範囲の広さ
  • 守備のフットワークが良い
  • 打撃が良い

ついでに50mは5秒9という俊足。遠投も100mと肩が強いのもショートの条件にピッタリです。
走攻守3拍子そろった選手だと言えます。

足が速く守備範囲が広いのはピッチャーにとっても心強いでしょう。

”サンドラ”出演時は「京田選手のライバルになるかもしれない選手」

とまでコメントしており、2020年のドラフト候補として名前を上げていました。

京田選手はドラゴンズのレギュラーで良い守備をしているので、その京田選手と並ぶ素質があるというのは凄い事です。

この活躍を見ると、井端さんの眼力の凄さがわかりますね。

中野拓夢の井端弘和以外の評価は

それでは、他のプロ野球OBはどのような評価をしているのでしょうか。

阪神タイガースのOBである赤星憲広さんは、守備とバッティングに高評価をしています。理論派の赤星さんも太鼓判をおすあたり、良い選手だと思います。
また自分も同じ社会人出身ですし、ポジションこそ違いますが体格も似ているので、頑張ってほしい気持ちもあるでしょうね。

元ヤクルトスワローズの宮本慎也さんも守備に太鼓判を押しています。球界屈指の名ショートであった宮本さん、自分に厳しい人が評価しているので、やっぱり素晴らしいのだと思います。

元中日の谷繁元信さん、金村義明さんはバッティングが良いとほめていました。谷繁さんいわく、インサイドのさばき方が上手いと褒めていました。
日本ではインサイドが攻められる傾向があるので、これを打てるとなると打撃の幅が広がりますね。

金村さんは、150台の速球をはじき返すことを評価しています。速球に強いのは結果を残す打者として必要な要素なので、この点も素晴らしいですね。交流戦で対戦するパ・リーグのピッチャーは本格派が多いので、速球に負けないバッティングはチームにとっても心強いでしょう。

中野拓夢は何故ドラフト下位指名だったのか?

プロもべた褒めの中野選手ですが、ドラフト指名は6位でした。ドラフト前からも評価が高かったのに、何故下位指名だったのでしょうか。

理由は幾つかあり、最も大きな理由は「送球に難がある」ということでした。
送球難というとイップスなどの懸念もあるので、各球団としては上位での指名を嫌ったのかも知れないですね。

また、中野選手は野球選手として小柄であることも理由の一つかもしれません。身長171㎝体重69kgはかなり小柄な部類に入ります。

勿論小さくても活躍している選手はいますが、フィジカル面での強さはプロ野球選手としては重要ですし、年間140試合をこなすには体力が必要です。

そういった体力面の懸念や、社会人出身という年齢も加味して上位での指名がされなかったのかもしれません。結果的に6位で指名できた阪神タイガースは儲けものでしたね!